男女

中小企業に就職するヒント|必要な資格を習得する

  1. ホーム
  2. 雑誌や書籍を作りたい

雑誌や書籍を作りたい

オフィス

情報に関わる仕事

世間に情報を発信する仕事の中でも代表的なのが出版社勤務です。大手出版社の求人に応募した場合、いくつかある部署の中から自分に合う場所に配属されることになります。例えば代表的なのが営業です。営業は作家や編集者が鋭意制作した書籍の販売部数を伸ばす部署です。書店やメディアの人と関わる中で戦略的に売上げを向上させます。数字の分析能力がなければマーケティングの戦略を組み立てられませんので、経済について学ぶようにしましょう。こうした部署の他にも出版社では記者として勤務することができます。記者になれば政治や芸能など自分の足でスクープをキャッチし、世間に発信できます。このような求人に受かりたい場合は体力と胆力が求められますので、面接でアピールしましょう。記者は屋外でターゲットを張り込むことも多いのです。出版社の求人に受かりたい場合、何より必要とされるのはコミュニケーション能力です。作家だけでなく多様な分野の人達と関わることになりますので、自分の希望を伝えるだけでなく相手の意図を的確に汲む能力が必要になります。また編集者の求人に受かりたい方であれば国語能力が求められますので、文章の作成方法を学びましょう。編集者は雑誌のページを書いたり作家のスケジュールを管理したり様々な雑務をこなす仕事です。集中力があって細々とした仕事の進行が得意な方に向いているのです。出版社は大手の求人を受けるだけでなく、編集プロダクションに入って働くことも可能です。