男女

中小企業に就職するヒント|必要な資格を習得する

  1. ホーム
  2. 仕事の内容は多数ある

仕事の内容は多数ある

男の人

貿易事務と一言で言っても仕事内容は様々です。貿易事務は、メーカー、商社、船会社、通関業者など企業も様々です。また、輸出と輸入でも仕事内容が異なります。輸出の場合の仕事内容は、見積もり作成や契約書作成、通関書類作成、さらには船積書類作成や納品管理などがあります。輸入の場合は、スケジュール管理や通関依頼、また配送に関する依頼や現在の在庫管理などが主な仕事内容となっています。輸出でも輸入でも同じ会社の他の部署や通関業者、倉庫会社などとの調整や対応が必要です。貿易事務はコミュニケーション能力がとても重要であると言えます。貿易事務は基本的な部分は同じでも、取り扱う商品、相手国によって仕事内容が異なります。また、企業や部署により、どの業務までを担当するかが異なりますので、事前に確認しておきます。貿易に関する書類は英語が基本ですので、英語の読み書きができることが必要です。取引先の相手国によっては日本語が通じないこともあるので、英語でのコミュニケーションが必要です。英会話がどの程度必要かは勤務する企業や部署によって異なります。書類作成も多いので、パソコンスキルも求められます。メーカーは業務内容ごとに部署が設けられていて、商社は取引ごとに部署に分かれる傾向にあります。国内取引業務を経験していれば、貿易の基本と英語を学ぶことで貿易事務へのスキルアップも容易です。貿易事務は経験が生かせるので、経験のある派遣社員も重宝されます。時給も高いのが魅力です。