仕事

中小企業に就職するヒント|必要な資格を習得する

受付からインストラクター

ジム

人気のスポーツジムで働くには、受付の仕事からインストラクターとして活躍することも可能です。アルバイトでもインストラクターになることができますので、運動やエクササイズを教えることができるレベルやスキルをお持ちの人はアルバイトで教えてみるのもよいです。

仕事の内容は多数ある

男の人

貿易事務は勤務する企業や部署によって担当する業務が様々です。あらかじめ自分の担当する業務を確認しておくと良いでしょう。輸出と輸入でも業務内容が異なります。しかし、どの企業でも部署でも他社との連絡や調整が必要なので、コミュニケーション能力が求められます。他には英語、PCスキルが必要です。

地域密着型の求人

会社

転勤のない職場環境で定年まで働き続けたい場合には、地域密着型の中小企業の求人に着目して、積極的に応募することが重要です。独自技術を持つ製造業や、公共事業を中心にビジネスを展開している地元企業の中から選ぶのが、良い条件で就職するための秘訣です。機械や各種部品を製造する中小企業の場合には、工作機械の操作のような技能が求められるケースもありますが、多くの企業が未経験者の採用にも積極的です。最近では製造現場のオートメーション化も進んでいるので、資格や技術がない場合でも、研修を通じてすぐに仕事を覚えられるでしょう。また地域密着型の建設会社に就職する時には、一級建築士の資格などが必要ですが、学歴不問で応募可能な作業系の仕事も多いです。特に作業系の求人に応募する場合のカギは、仕事への意欲と体力が十分にあることなので、20歳前後の人たちの就職先としても最適です。しかし中小企業への就職を検討する場合に重要なことは、各企業の経営の安定性や、将来に向けての成長の可能性です。情報通信の分野には、年率10パーセント以上の成長を実現している中小企業も多数あり、就職によって高収入が実現できるでしょう。年収や年間休日などの条件でより良い仕事を選ぶときには、各企業のウェブサイトの情報も役立ちますが、合同説明会に参加するのが効率的です。合同説明会には様々な地元企業が参加しており、直接経営者と話し合って、企業の特色や採用条件について知りたいときにも便利です。

雑誌や書籍を作りたい

オフィス

出版社の求人に応募した場合、営業の部署に配属されることがあります。こうした部署ではマーケティング戦略を組み立てられる人材が求められます。出版社で働きたい場合、大手の求人を受けるだけでなく編集プロダクションに入って働くことも可能です。